審美治療

審美治療

お口の機能を回復させ、より自然な美しさを

審美歯科 お口の機能性と審美性は、どちらも日常生活を送る上で大切です。しかし、一般的な保険診療では「機能性の回復」に重点がおかれ、審美性までも考慮するには限界があります。 それに対して審美修復治療では、虫歯や歯周病などの機能面の治療に加え、「キレイな歯並び」「健康的な口元」といった見た目を美しくするための治療を加えた歯科治療を行います。

お口のお悩みから解放されるために

理想的な口元を追求します

理想的な口元を追求します 一人一人のお口のつくりが違うように、抱えているコンプレックスや理想とする口元はそれぞれ違うものです。

アローズデンタルオフィスでは、機能性や審美性を追求したい方からのご要望にもお応えできるよう、保険診療のみでなく豊富な詰め物や被せ物の素材をご用意しています。また、金属アレルギーの方にも安心して治療を受けていただけるよう、金属不使用(メタルフリー)の材料もご用意しております。治療を開始する前には精密な検査・診断を行ってお口の状態を把握し、安全に治療を行えるかどうかを判断します。場合によってはご希望の治療よりも理想的な治療が見つかる場合もあります。患者様にとって最適な治療を検討・ご提案しますので、まずは一度お気軽にご相談ください。

また、マイクロスコープを駆使した精密審美修復治療にも対応いたします。

安心のメタルフリー(金属不使用)治療

メタルフリー治療とは、セラミックなどの金属を使用しないノンメタル素材を用いた治療のことを言います。金属アレルギーの発症リスクがなく、どなたでも安心して治療を受けていただけます。また、素材が白く、金属イオンの溶け出しによる歯茎の黒ずみやくすみもないため、より自然な天然歯のような仕上がりをご希望の方にもおすすめです。

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングとは

ダイレクトボンディングとは、お口の中で歯に直接レジンを盛り、機能を回復する治療法です。割れや欠けによって破損した歯を修復したり、歯の隙間を埋めたり、歯の色を改善するなどの処置を行うことが可能です。

ダイレクトボンディングに使用するレジンは、保険診療で使用するレジンよりも高品質で審美性の高いものを使用します。様々な色調のレジンを塗り重ねて形成するため、より天然歯の色に近い自然で美しい色合いに仕上がります。

ダイレクトボンディングのメリット

  • 歯を大きく削る、歯型を取るなどの必要がないため、短期間で美しい仕上がりが実現します。
  • 健康な歯をほとんど削る必要がありません。
  • 様々な色調のレジンを塗り重ねてつくるため、天然歯の色合いに近い自然な仕上がりになります。また、使用するレジンは保険診療のレジンよりも高品質なものを使用するため、変色しにくく強度も高いという特徴があります。
  • 保険診療の金属の詰め物や被せ物と比べて柔らかいため、噛み合う歯や周囲の歯を傷めません。
  • セラミックや金属と比較すると割れや欠けが生じやすいですが、レジンという特性上、修理が簡単に行えます。
  • 治療が短期間で終わります。
  • 歯型を採取したり、冠などの技工物を作製する必要がないため、他の金属の被せ物やセラミック治療と比べて短期間で治療が終わります。
  • セラミック治療よりも適合性を高めることが出来ます。

ダイレクトボンディングのデメリット

  • 1回の治療にかかる時間が長くなる場合があります。
  • 数種類の色調の異なるレジンを何層にも重ねるため、1本の歯を仕上げるのに1時間以上の時間を要する場合があります。
  • ダイレクトボンディングは保険が適用されないため、保険診療のレジンよりも費用が高額になります。
  • レジンという特性上、金属やセラミックと比べると強度が劣るため、広範囲の欠損の場合には適しません。
  • 歯ぎしりや強い噛み締めがある方にも適さない場合があります。
  • ダイレクトボンディングは歯科医師がお口の中で歯に直接レジンを盛っていくため、歯科医師の技術力によって仕上がりに差が出ます。機能性と審美性を求めるために、歯科医師の日々の努力が重要です。

歯や欠損部の大きさによって、どんな方法で修復するのが最適かは違ってきます。ダイレクトボンディングのように、どの歯科治療にも技術力を伴うメリットとデメリットがあります。様々な治療技術がある中、患者様と話し合いを十分に行った上でより良い結果が見込めるように選択し、より良い施術をご提供できるよう、日々技術と知識の向上に努めております。

ダイレクトボンディングの症例


まず、唾液などによって汚染されないようラバーダム(ゴムのシート)を被せます。


レジン(プラスチックの樹脂)を盛るための接着剤を付けるために、歯に付着している汚れを除去します。
当然のことですが、汚れが付着したままレジンを盛っても接着しません。


接着処置を行います。


レジンを盛って完成です。

審美歯科メニュー

オールセラミック(e-max)

  • 審美性◎
  • 耐久性◎
  • 清潔さ◎

これまでのセラミックよりも様々な面で優れたe-maxというセラミックを用いた詰め物・被せ物です。
審美性に優れ、天然歯のようなツヤや透明感があり、変色もほとんどありません。水分を吸収しにくいため口臭の原因となることも少なく、耐久性にも優れているので経年による劣化もしにくいのが特徴です。セラミックのため金属アレルギーの発症や、歯茎の変色もなく、生体親和性の高い身体にも優しい素材です。

メリット
  • 天然歯のようなツヤ・透明感・色調で、変色の心配もほとんどない。
  • 唾液や水分の吸収や、歯垢(プラーク)も付着しにくいため、口臭の原因にもなりにくい。
  • 金属アレルギーの発症や、歯茎の変色がない。
デメリット
  • 保険が適用されないため高価。
  • 天然歯よりも硬度があるため、まれに噛み合う歯や周囲の歯を傷めてしまうことがある。

ゴールド(金、白金)

  • 審美性△
  • 耐久性◎
  • 清潔さ◎

貴金属(金合金、白金加金など)でできた詰め物で、素材の柔軟性があるため噛み合う歯を傷つけず、汚れが付着しにくいことが特徴です。科学的にも安定した素材で、生体親和性に優れた貴金属を用いているため、保険診療に使われる銀歯と比べて金属アレルギーの発症、錆びつきや金属の溶け出しによる歯茎の変色が起きるリスクも少ない素材です。

メリット
  • 金属なので耐久性に優れ、丈夫で割れにくい。
  • 保険診療で使われる金属よりも生体親和性に優れ、歯茎の変色の心配も少なく、錆びにくい。
  • 咬合力の強い方や奥歯にも対応が可能。
デメリット
  • 保険が適用されないため高価。
  • 素材が金色で目立つため、審美性が劣る。

ジルコニア

  • 審美性◎
  • 耐久性◎
  • 清潔さ◎

人工ダイヤモンドと呼ばれるほど強度が高いジルコニアセラミックを使用した詰め物・被せ物です。2種の素材の特徴を活かして耐久性・審美性ともに向上を図った素材です。 金属アレルギーの発症や歯茎の変色の心配がありません。

メリット
  • 天然歯のような自然な見た目を再現できる。
  • 唾液や水分の吸収や、歯垢(プラーク)も付着しにくいため、口臭の原因にもなりにくい。
  • セラミック素材の中で最も強度に優れているので丈夫。
  • 金属アレルギーの発症や、歯茎の変色がない。
デメリット
  • 保険が適用されないため高価。
  • 天然歯よりも硬度があるため、まれに噛み合う歯や周囲の歯を傷めてしまうことがある。
  • オールセラミックと比較すると透明感が劣る。

ラミネートべニア

  • 審美性△
  • 耐久性○
  • 清潔さ○

薄い板のようなセラミックを歯に貼り付け、元々の歯の色や形を改善します。表面のみに貼り付けるため、歯を削る量を抑えることができ、自然な色合いを表現できます。
生まれつき歯に変色がある方におすすめです。

一番上に戻る
TEL.03-5422-8114TEL.03-5422-811424時間WEB予約24時
WEB予約
住所
東京都港区白金台3-15-2 マスレンビル2階
TEL
03-5422-8114
最寄駅
東京メトロ南北線 白金台駅 2分
都営地下鉄三田線 白金台駅 2分
アクセス
白金台駅1番出口より徒歩2分
品川駅からバスで6分
日・祝
10:00~13:00
14:30~19:00

▲14:00~17:00